長崎屋の魅力【ドン・キホーテの運営にも携わっている】

記事リスト

衣料品だけではない

食材

総合スーパーによる強み

長崎屋は全国展開するスーパーマーケットチェーンで、古くから地元密着型の店舗として親しまれています。衣料品バイヤーの活躍が特徴で、圧倒的な強みを持つスーパーとして認知されていたのですが、現在は大手ディスカウントストアチェーンのドン・キホーテの連結子会社となっています。そうした流れから、現在の長崎屋は衣料品を主軸としたスーパーマーケットではなく、幅広い品揃えを提供するディスカウントストアに近い形態です。衣料品は当然のことながら、雑貨や生活用品、食料品などが販売されており、ディスプレイも一般的なスーパーとは異なる方式を採用しています。台車の箱積みのまま商品を並べたり、人気がイマイチで目立たないコーナーに追いやられるような手芸品などをメインに持ってくるなど、長崎屋はこれまでなかった斬新な販売方法を採用しています。幅広い商品を用意することで総合スーパーとなった長崎屋ですが、最もメインとなるのが驚くほど安くなった食料品です。品揃えだけでなく価格も満足できるようになったことから、食事の買い出しのついでにちょっとした小物を購入するなど、誰もが利用する機会が増えた店舗となっています。顧客層は幅広いですが、主に利用するのは食事の買い出しをする主婦層で、ディスカウントストアでは取り扱いの少ないナショナルブランドの化粧品などを一緒に購入することも少なくありません。衣料品も安く販売されているので、子供用の衣類を購入する機会も増えています。

オススメ記事

Copyright© 2018 長崎屋の魅力【ドン・キホーテの運営にも携わっている】 All Rights Reserved.